LINEの未読スルーをさせない2つの裏テクニック

投稿日:

スポンサーリンク

kiwamiです!

今回は「LINEの未読スルーをさせない裏テクニック」についてご紹介します。

 

LINEではメッセージを読んだ場合、相手に「既読」としてステータスが伝わります。

これはLINEのいいところであり悪いところでもあります。

 

この「既読」は、付けた方にとってプレッシャーです。

「早く返信しなければ・・・」と、せかされているような嫌な気持ちになる事もあります。

それによって「LINE疲れ」を引き起こす場合もあります。

 

そういう状況が続くと、「できるだけ既読を付けたくない」と思う様になります。

 

「既読を付けなくないけど、メッセージは読みたい」

そういうテクニックは、当サイトでもお伝えした事があります。

【関連】LINEで既読を付けない方法

 

そうなるとややこしいもので、今度は「相手が読んでいるのに既読が付かないのは嫌だ」と思う様になったりします。

今回は、そんな時の対処法をご紹介します。

相手が未読スルーするのを避けたい!

スクリーンショット 2015-12-13 23.55.05

既読されない・・・というのは嫌なものです。

「なんで読まないの??」と不機嫌になることもあるかも知れません。

 

「もしかしたら、既読を付かない様に読んで、後から返信しようとしてる?」

そんなあなたの考えは、当たっているかも知れません。

 

メッセージは以下の方法を使う事によって、ある程度は読む事が出来ます。

  1. トーク一覧に表示されるメッセージを読む
  2. 通知に表示されるメッセージを読む

この方法であれば、既読が付く事無く、相手のメッセージを読むことが出来てしまいます。

これをなんとか防ぐ事が出来ないか?と考えて生まれたのが、今回の方法です。

相手が未読スルーするのを避ける2つの方法

相手の未読スルーを完全に防ぐ事は出来ませんが、2つの方法があります。これによって、多少の未読スルー防止にはなります。

① メッセージを分割して送る

トーク一覧や通知に表示されるメッセージは、最新のメッセージのみです(iPhoneの場合)。

ですから、最後のメッセージが「それだけでは意味が分からない」様に分割してあげれば、相手はメッセージを読むしかなくなる・・・という事になります。

 

例えば、

  1. 「(用件)」
  2. 「というわけなんです・・」

と送ると、1のメッセージは通知センターから消されて、2のメッセージだけが通知センターに残る事になります。

2だけでは意味が判別出来ないので、相手はメッセージを知りたければ読むしかなくなりますね。

② 最後にスタンプを送る

これは①の方法よりも自然かも知れません。

最後にスタンプを送る事で、前のメッセージを通知センターやトーク一覧から消す事が出来ます。

スタンプを送れる相手か?という問題もありますが、それが可能な相手であれば、最後にスタンプを送る事で、未読スルーの確率を減らす事が出来るでしょう。

まとめ

以上の様に、未読スルーにはある程度の対策を立てる事が出来ます。

ただし、相手が上手で「既読を付けずにLINEのメッセージを読む方法」に精通していた場合は、どうしようもありません。

以下の記事にまとめていますが、ここまでやられてしまうと・・・・正直お手上げかも知れません。

【関連】LINEのメッセージに既読を付けない方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-LINEのトラブル・問題解決

Copyright© LINEの極み 〜使い方・裏技・小ネタ大全〜 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.